メンタルヘルス

これが「アカシジア?」エビリファイを飲んだら焦燥感がすごかった

先日の診察で仕事が手につかないほどしんどい旨を伝えたら一時的に『エビリファイ』が処方されました。だかしかし、なんかおかしい。

これはもしや噂に聞く「アカシジア」というものでは…?と思ったので、ちょこっと書いてみようと思います。

エビリファイとは

エビリファイは2002年に登場した向精神薬です。

脳内の神経伝達物質であるドパミンなどの受容体に作用し、幻覚・妄想などの症状を抑え、不安定な精神状態を安定させるとともに、やる気がしない、何も興味が持てないといったような状態を改善させます。また、抑えることのできない感情の高まりや行動などの症状を改善します。(出典:くすりのしおり)

下がりきった気持ちを元気すぎないくらいまで上げ、やる気を出してくれるサポートをしてくれるようですね。

副作用

副作用も見てみましょう

不眠、神経過敏、アカシジア(じっとしていることができない)、振戦(手足の震え)、不安、体重減少、筋強剛、食欲不振、食欲亢進、倦怠感、傾眠、寡動(表情の動きが少ない)、流涎(よだれが出る)、体重増加、吐き気、嘔吐、ジストニア(筋緊張異常)、便秘

…うん。普通の安定剤や抗うつ剤とほぼ同じかなぁという感想だったのですが、どうにもこの『アカシジア』というものに当てはまるものがありました。

なんか…足がムズムズして眠れないぞ…?

わたしが異変に気づいたのは、飲み始めて2日目の夜。

あれ…?なんだかどうにも足がムズムズする…。

最近運動不足だからかなぁと思ったのですが、ムズムズを皮切りに、じっとしていられなくなり、部屋をうろうろしてみたり、友達と鬼LINEを始めてしまったり…

あれ…?これなんかおかしくない…?

典型的なアカシジアっぽい

体は怠いのに、心だけソワソワして焦ってしまう感じや、体と心が一致していない感じ。これはやばいと思って副作用を調べてみるとまあ典型的な『アカシジア』。

アカシジアとは

「アカシジア」という言葉は初めて聞いたのですが、調べてみると足のムズムズをはじめ、当てはまるものがありました。

基本的には飲むのを辞めると落ち着くものの、アカシジアによって症状が悪化したと思い込み服薬量を増やしてしまったり、苦しいあまりに自傷行為へ走ってしまうこともあるようです。ちょっと怖いですね…。

わたしの場合は行動は躁なものの、体は鬱だったのでちぐはぐな感じが辛かったです。

エビリファイは断薬決定

主治医からはもし途中でおかしな感じがしたら飲まなくてもOKと言われていたので3日めで飲むのをストップしました。

飲むのを辞めて2日経ったのですが、焦燥感もなくなり、ちょっと鬱くらいまで戻ったのでやっぱりアカシジアっぽいんですよね…

エビリファイは前にも飲んだことがあるようなんですが(記憶にない)、そのときも一時期だけだったのでやっぱり合わないんだと思います。

9年通院してもたまにお薬ガチャがあるのはちょっと面白いけど、合わないとキツいし、合いすぎると辞めるときツラいのでどっちもどっちですね。

わたしの場合はスルピリド アメルが効きすぎて辞めるの大変でした