ライター

フリーライターの仕事用口座「楽天銀行」はIDとパスワードに気をつけておけば便利なネットバンキング

フリーランスになって行わなくて後悔したもののひとつに、「仕事用の口座をつくること」がありました。

最近は現金よりカード払いが多いから入出金はそこまで激しくないのですが、生活も仕事も全部同じ口座だと、帳簿をつけたり、なにより確定申告のときに面倒くさい。

ということで、確定申告が終わったあと「楽天銀行」に仕事用口座を開設してみました。

ランサーズの手数料が550円➾100円になるのも大きなメリットでした!

口座開設は簡単

楽天銀行

口座開設まではただ質問に答えていくだけなので難しい部分は特になし。

本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証)も、スマホで撮影するだけでOKだったのでかなり楽でした。

「クレジット一体型キャシュカード」をセレクト

楽天銀行

楽天銀行のキャッシュカードは、普通のものをはじめ、デビットカードやプリペイド、クレジットなど色々な種類があったのですが、仕事用のクレジットカードもあったほうが便利だろうなと思ったので、年会費永久無料のJCBカードにしてみました。

楽天銀行
100円ごとに楽天スーパーポイントがつくのも嬉しい

口座開設までは良かったのですが、クレジット付きのキャッシュカードをつくるにあたって気になるのはやはり、「審査」でした。

ただでさえ審査に通りにくいフリーランスの上、低所得…。

楽天銀行は審査が通りやすいとは聞いていたのであまり心配はしていなかったのですが、ちょっとドキドキでした。

ところが、

申し込みから約2週間、ちゃんと審査が通り、キャッシュカードが送られてきました!

シルバーカラーが良い感じ

審査は思ったよりゆるいようなので、「フリーライターであまり稼げていないけど大丈夫かな?」という方も、きっと通るかと思います。

これで仕事に必要なものを購入することがあれば安心して使うことができます!

デメリットはあまりないけど、不正アクセスに注意!

楽天銀行はスマホやPCで取引が可能、出先の場合はコンビニATMを使うことができるほか、ランサーズの手数料も安くてメリットも多かったのですが、1つ気になったのがセキュリティーのゆるさ。

口座を管理するためにログインIDとパスワードを設定するのですが、自分にとってわかりやすいものを設定したら、不正アクセスが数回あり、「追加認証によるログインがありました」というメールが送られてきました。

マネーフォワードなどのアプリを使用している人は、アプリの使用上、こういうことはあるようなのですが、わたしの場合アプリは使用していないので、完全な不正アクセスだったんだと思います。

スマホからしか操作しないのに、PCからのログインだったのでちょっと怖かったなぁ。

口座に入っていたお金が少なかったというのもあるとは思うのですが、アクセスしたあとはお金に手をつけるわけでもなく、そのままになっていたのもなんか怖かった。

その後すぐにIDとパスワードを変更したのですが、これから楽天銀行に口座を開設しようと思っている方はくれぐれもお気をつけください。

まとめ

フリーライターが最初に仕事用の口座をつくるにあたっては「楽天銀行」が最適だと思います。ランサーズを使っている方にとってはデメリットはまずないかと。

審査もゆるく、自宅にいながらつくれるので手間もあまりかからないので、IDとパスワードだけ気をつけておけば使いやすいネットバンキングです。

ハナダユミコのプロフィールとお問い合わせはこちらよりお願いいたします。 ➾https://hanada-yumiko.com/profile/

Twitterはこちらです ➾@gigi_i_purple_u